ハイエースバンコン初心者オーナーのブログ。憧れキャンピングカーのある生活!

北海道キャンピングカーLife(本館)

北海道おすすめルート

夏の北海道キャンピングカードライブなら道東より道北がおすすめ!【夏休み 車中泊 ルート】

投稿日:

いよいよ夏休みも終盤に近づいてきました。

全国のキャンピングカーオーナー、車中泊旅の皆さんが、夏に出かけたい人気ナンバーワン!はやはり北海道ですよね。

我が家は道内在住なので、思い立ったら好きな地域に出かけられるのですが、限られた日数で北海道を旅行される皆さんには、どのルートを選ぶか?は切実な問題ではないでしょうか。

今日は、道内在住者の目線で気がついた、新たなキャンピングカードライブ・車中泊の聖地「道北」の魅力について説明します。

宗谷丘陵の白い道

宗谷丘陵の白い道

 

夏キャンピングカー・車中泊旅をするなら!道東より道北をおすすめする理由

風車

圧巻のフォトスポット、オトンルイ風力発電所

我が家は道内転勤族で、これまで道央、道南、道東に数年ずつ住んだことがあります。

しかしこれまで、道北にはご縁がなく、旭川より北の、宗谷を中心としたエリアには足を踏み入れたことがありませんでした。

今回、キャンピングカーを入手したことをきっかけに、ついに道央から稚内を目指す3泊4日の旅を決行しました。

それで痛切に感じたのが、夏の長期北海道旅行は、道東より道北が快適!素晴らしい!ということ。

北海道弁でいうところの、まさに「あずましい」車中泊旅でした。

特に普通の旅行ではなく、車中泊で周られる皆さんならより一層、快適な旅になるなぁ!と思いました。

その理由を3つご紹介します。

map-hokkaido_douhoku

 

その1:道東道より道央道が走りやすい!

岩見沢SAのガーデン

岩見沢SAのガーデン

現在、北海道の高速道路(無料区間含む)は、毎年、少しずつ延伸されています。

道東道が十勝地区を越え、釧路地域につながったのは記憶に新しいところです。

何しろ道東地区は阿寒湖、釧路湿原、納沙布岬、摩周湖・・・と道内有名観光地のメッカです。

知床地区へのアクセスにも使えますし、途中十勝によってもいいので、北海道を満喫する車旅なら断然、「道東道」を使って東へ向かうルートが思い浮かぶでしょう。

しかし!ちょっと待ってください!

道東道には、実はいくつかの欠点があります

そのうちの一つが、区間内のほとんどが、対面通行の2車線だけ(片側一車線)!という点です。

もちろん所々に追い越し区間はありますが、通行量が多い時にトラック列の後ろについてしまうと、ずっと控えめな速度で運転するしかありません。

また、サービスエリア、パーキングエリアが非常に少ないのです。

ガソリンを入れられるサービスエリアに至っては、由仁PAを超えると、一箇所もないのです!

↑現在は阿寒ICまで伸びているので、更に長いはずです。

一方、道央道の方は、札幌から旭川の先まで、長い区間にわたって4車線(片側2車線)で、快適に走行できます。

SA、PAもそれなりの数があります。

そのため、我が家で札幌から知床方面へ移動する場合は、ほぼ9割方、道央道ルートを使っているほどです(走行距離は長くなりますが)。

さらに道北の宗谷地区等へ行くなら、最近延伸した「深川留萌道」へ進み、日本海方面を目指すのがおすすめです。

あっという間に、絶景ドライブロードとして有名な「オロロンライン」にアクセスすることができます。

※なお、現在、道東道の4車線化なども計画されているので、将来的には道東道も、今より走りやすくなるでしょう。

 

その2:快適な車中泊スポットが多い

もちろん北海道全体が土地に余裕がありますので、道の駅などの駐車場は概ね広めに作られています。

本州に比べたら混雑も少なく、快適度は高いでしょう。

しかし・・・前述したように、何しろ道東は、北海道観光の有名スポットの密集地です。

7月、8月の夏休みシーズンともなれば、みなさん根釧地区や知床地区を目指して旅行されています。

もちろん車中泊スポットも、全国からやってきたキャンピングカーや車中泊車であふれかえり・・・

(車が停められない、というほどのことはおきないのですが)

それに比べて、旭川より北の道北エリアは、旅行者の方がグッと減る印象です。

素晴らしい車中泊スポットも多く、それなりに混んではいましたが、まだまだ余裕のあるスポットばかりでした。

特に日本海側の、オロロンライン、オロロン街道沿いには、新しくて広い道の駅が密集しています。

実際行ってみると、今日はどこに一泊しようかなぁ??決められない!と迷うほどでした。

中には、温浴施設が隣接しているのに、キャンピングカーが私たち1台だけ、という場所も…!

写真は、しょさんべつの道の駅公園内にある、絶景スポット、海中鳥居と夕日です。

しょさんべつ海中鳥居

しょさんべつ海中鳥居と利尻富士

こちらの記事もご覧ください。

☆ロマン街道しょさんべつ【道の駅 おすすめ キャンピングカードライブ 北海道 初山別村 最新 車中泊】

 

その3:道東より道北の方が涼しい(?!)

宗谷岬は19度

宗谷岬は19度

夏の北海道、本州より涼しいのはもちろん当たり前です。

今年のように猛暑の夏は、本州の皆さん、どんどん旅行・長期滞在にいらっしゃればいいのです!

ただ・・・ニュースなどでも伝えられる通り、北海道であっても気温が上がる日が、時々あります。

実はそのようなとき、北海道全部の気温が、一律に上がるわけではないのですよね。

風向きによって「フェーン現象」がおきて、内陸部が特に暑くなったり、山の風下側になった地区の気温があがったりしているのです!

道東地域でいうと、内陸に当たる十勝地区は、西寄りの風向きの時に非常に気温が上がります

道東のなかでもオホーツク海側、網走や知床などの地区は、南風の時に気温が上がります

ただ、道東で例外なのが、釧路地区です。こちらは太平洋からやってくる海霧の影響で夏の間日照が少なく、非常に涼しいです。

そのため釧路地域を除いて、という条件付きですが、全体的に気温が上がりやすいのが、道東地区ではないかと思っています。

(住んでみての感覚的なところが大きいです)

…一方、道北地区(留萌地方、宗谷地方)の夏に関しては、あまりフェーン現象が起こりにくいため、全体的に気温が低いのです。

特に日本海側のオロロンラインを北上して宗谷地区へ進むコースがおススメです。

ピンポイントで滞在するなら、釧路を中心とした根釧エリアが涼しさでは最強ですが、長距離ドライブであちこち回りたい・・・という場合。

涼しさを第一条件に選ぶなら、道北地区のほうが理にかなっているでしょう。

下に、道東と道北の主なスポットの平均気温を載せておきます。(単位:℃)

7月 8月
最高気温平均 史上最高気温 最高気温平均 史上最高気温
道東 釧路 18.6 30.1 21.2 31.1
帯広 23.5 37.8 25.2 37.0
道北 稚内 19.7 29.9 22.3 31.3
留萌 22.7 33.7 24.6 35.0

平均の最高気温を見ると、大差なさそうに見えますが、道東の帯広では、7月から37℃を記録したことがあります。

一方、留萌では8月の最高気温でも35℃です。

北海道の内陸部は、意外に高温になることが多いのです。

 

まとめ

キャンピングカーや車中泊車でせっかく念願の北海道旅行・・・でも思い出が「北海道なのに人混みばかりだった」「暑くて本州と変わらなかった」という思い出になってしまうのは非常にもったいないです。

少しでもステキな夏の北海道ドライブ、車中泊旅になることを祈っています。

2018.8 初版執筆







おすすめ本



人生を10倍豊かにする至福のキャンピングカー入門

岩田一成 マガジン大地 2016年02月19日
売り上げランキング : 273418

by ヨメレバ

 

-北海道おすすめルート
-, , , , , ,

Copyright© 北海道キャンピングカーLife(本館) , 2018 All Rights Reserved.