ニセコ・小樽(後志)エリア 北海道の道の駅 旅情報 道央エリア

道の駅 みなとま~れ寿都【北海道 寿都町 おすすめ キャンピングカードライブ 最新】

最終更新日: /初版公開日:




北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

北海道の道の駅を、キャンピングカーで利用する際の視点で勝手に紹介するコーナー・第28弾です♪

今回は、寿都(すっつ)町にある、充実したテイクアウトメニューが人気の「みなとま~れ寿都(すっつ)」を紹介します。

車中泊旅、バイク旅の皆さんも参考になさってください。

勝手に評価

キャンピングカー停められ度:★★★☆☆

周辺の便利さ度:★★★☆☆

北海道らしさ度:★★★☆☆

夜間利用快適度:★★★☆☆(予想)

日帰り入浴施設への距離:★★★★☆

↑各判定基準については「勝手に評価」についてで説明しています!

 

駐車場にキャンピングカーが泊められるか?

【道の駅 みなとま~れ寿都】の駐車場は、あまり広くありません(公開情報では39台)。

写真だと、広いように見えるかもしれませんが、何しろ他に全然車が停まっていないタイミングでした。

駐車台数はもとより、前後の感覚が狭いように感じ、運転が苦手な人は苦慮しそう。

通常サイズのキャブコンまでなら安心して停められますが、バスコンやトレーラーの方はちょっと厳しいかもしれません。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

上の写真のある、海側(建物裏)がメインの駐車場ですが、建物正面、道路側の様子が以下の写真です。

↓こちらの写真で、信号の左手側に・・・

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

もう一か所、道の駅利用者が停められる駐車場があります。

が、こちらも1台1台の駐車スペースは狭めなので、大きめキャンピングカーの方はご注意ください。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

ちなみに、道の駅からこちらの駐車スペースに行くためには、横断歩道を渡る必要があります。

道の駅正面もスペースがあるように見えますが、身障者むけ駐車スペースしかなく、広いテラスになっています。

メインの駐車場は裏手(一番上の写真)です。

この方式の道の駅・・・他にも見たことが。そう、オホーツク海側の「道の駅しゃり」に似ていますね💦

市街地の中に作った道の駅だと、駐車はメインでなく、地元の人が集える「広場」が重要となってくるのかもしれません。

私が利用した平日の午前中、道の駅内の休憩コーナーでは、地元の奥様方がお出かけのついでの様子で、井戸端会議に花を咲かせていました。

 

「後志(しりべし)地域」には道の駅がたくさんあるため、万が一【道の駅くろまつない】が車でいっぱいでも、1時間以内で他の道の駅へ移動することができるので安心です。

しりべし「道の駅」所要時間 車中泊

 

周辺の便利さ

【道の駅 みなとま~れ寿都】は、寿都町市街地の中にあり、漁港にも面しています。

町の方の生活圏内にあるため、近隣には老舗商店や飲食店、銀行もありますが、一番近いコンビニまでは0.8kmくらいあり、歩いて行くには遠いかもしれません

 

北海道らしさ

【道の駅 みなとま~れ寿都】は、なんといってもオーシャンビューの立地が自慢です。

漁港に面しているので、通常の目線では海が見えないのですが、建物が陸地側から見ると地上2階立て、漁港の高さからだと3・4階建てくらいあります。

↓写真は、道の駅内の休憩コーナーから、海側を眺めている様子です。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

そして、【道の駅 みなとま~れ寿都】で高評価なのが、オリジナルのテイクアウト商品や飲食メニューです。

道内情報番組でも、良く取り上げられています。

有名な「船澗(ふなま)弁当」は、一見普通ののり弁ですが、高級な「岩ノリ」をふんだんに使い、ご飯には「生炊きしらす」が!

珈琲も、注文後ドリップなのに低価格なんですよ~。良心的。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

北海道の港町で、小さい町だと意外に海鮮物が食べられなかったりすることもあるのですが(小売り経路が無いため、全て直接都会に送ってしまい、地元では売られていないのです)・・・。

寿都では、魚介類のオリジナルメニュー開発にも力を入れており、小売りにも精力的な様子が伝わってきました。

駐車場側に展示してあるのは、かつてのニシン漁で使われた木製の船!

大きくて迫力がありました。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

車中泊や利用者への注意事項

【道の駅 みなとま~れ寿都】では、車中泊される皆さんに限定した注意事項等は特に見つけられませんでした。

ただし、色々と張り紙はありました。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

24時間トイレは、建物裏側(駐車場側)にあります。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

大迫力の木船、つい乗ってみたくなる方がいたのかもしれません。

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 みなとま~れ 寿都 みなとまーれ ブログ

 

大きな幹線道路沿いではありませんが、地元の人にとっては重要な休憩場所です。

制限事項が増えないよう、マナーを守って利用したいものです。

 

快適度

【道の駅 みなとま~れ寿都】、私はまだ日中しか利用したことがなく、夜間の様子が分かりません。

市街地中心部にも面していますが、住宅地ではないため、夜間の騒音は気にならないのでは?と予想します。

ただ、漁港が目の前なので、朝方は漁や水産関係の方が多く通る地域だと思います。

 

日帰り入浴施設への距離

【道の駅 みなとま~れ寿都】から一番近い日帰り入浴施設は、「寿都温泉 ゆべつの湯 」です。

オーシャンビューで、大変評価の高い温泉施設です。

 

まとめ

【道の駅 みなとま~れ寿都】は、道内情報番組でもよく取り上げられており、評価・満足度ともに高い道の駅です。

ちょうど地元の奥様方が休憩コーナーを利用していて、地元密着型、道の駅!とも感じましたが、同時に観光客への配慮も光ってます。

後志エリアでどこの道の駅に立ち寄ろうか・・・というキャンピングカー旅の方。テイクアウト商品も豊富なので、ぜひ訪れてみてください。

取材日 2019年10月

 

道の駅公式サイト

「道の駅 みなとま~れ寿都」独自の公式サイトです。

 

本家・快適度はこちらの本で

カーネル特選!車中泊コースガイド北海道一周&ベストルート

※前の出版社さんの倒産により、現在中古本しか手に入りませんが、新しい出版社さんから復刊しそうです。それまでは図書館などでご覧ください。

ちなみに

【道の駅 みなとま~れ寿都】の車中泊快適度は・・・【3】です!

 

近くの道の駅・車中泊スポットを探す

【道央エリア】車中泊スポットと道の駅

北海道の車中泊、札幌、道央
道央エリアの道の駅・車中泊スポット

  Contents 1 地図から選ぶ 2 道央エリアの車中泊事情は? 3 更に詳細な地域を選ぶ 3.1 ニセコ・小樽(しりべし)エリア 3.2 日高エリア 3.3 札幌(石狩)エリア 3. ...

続きを見る

 

おすすめ記事

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 くろまつない ブログ
道の駅くろまつない【北海道 黒松内町 おすすめ キャンピングカードライブ 最新】

北海道の道の駅を、キャンピングカーで利用する際の視点で勝手に紹介するコーナー・第27弾です♪ 今回は、道央道から高速道路が伸びてアクセスしやすい、道南の入り口・黒松内町にある「道の駅くろまつない」を紹 ...

続きを見る

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 らんこし・ふるさとの丘 ブログ
道の駅 らんこし・ふるさとの丘【北海道 蘭越町 おすすめ キャンピングカードライブ 最新】

北海道の道の駅を、キャンピングカーで利用する際の視点で勝手に紹介するコーナー・第26弾です♪ 今回は、蘭越町にある、2つの道の駅のうちのひとつ「道の駅 らんこし・ふるさとの丘」を紹介します。 車中泊旅 ...

続きを見る

北海道全体の車中泊スポットまとめへ

北海道の車中泊、メルヘンの丘
北海道の車中泊スポット・道の駅、おすすめコース【全道・エリア別まとめ】

内地(北海道以外の本州)から北海道にいらして車中泊を楽しむ、楽しみたい!みなさん。 車中泊での旅は、「外国のよう」ともいわれる広大な北海道の景色を、存分に楽しめる最高の手段ですよ✨ この記事では、当ブ ...

続きを見る

 

車中泊ができるキャンプ場を探す!

🚙【北海道限定本】詳細なカーサイト情報はもちろん、駐車場での車中泊可否、キャンピングカー入場可否もわかる、北海道の車中泊旅に必携の一冊!温泉クーポンも♪

お求めは道内書店かネットで♪




-ニセコ・小樽(後志)エリア, 北海道の道の駅, 旅情報, 道央エリア
-, , , , , ,

Copyright© 北海道キャンピングカーLife , 2019 All Rights Reserved.