本サイトで紹介している施設は、コロナ禍中の自粛要請等により休業や時間短縮している場合もあります。情報の利用には十分ご注意ください。

車中泊ノウハウ

冬の北海道、車中泊。FFヒーターを切ってみた

最終更新日: /初版公開日:




冬の車中泊

こんにちは、妻のブウです。

12月に入り、北海道は一日の最高気温が0度まで上がらない「真冬日」が続く季節となりました。

正直、FFヒーターなしでの車中泊はかなり厳しい季節ですが、万が一のことも考えて備えは必要です。

先日、-10度台まで冷え込む中、FFヒーターなしでの車中泊に挑戦してみました。

北海道で、FFヒーターなしの冬期車中泊は無謀…!?

我が家でキャンピングカー購入を検討していた際、FFヒーターなしの車は対象外でした。

おそらく、北海道在住の方で、キャンピングカー・車中泊専用車の購入を考えている方は、99%、FFヒーターの装備を考えるのでは…

何しろ、長い冬の期間、真冬日(日中の最高気温も氷点下)でない日を数える方が大変です。

地域によっても差は大きいですが、朝方は「比較的あたたかいエリアでも」-10度までは平気で下がることがあります

いくらポータブル電源で電気毛布などを導入しても、快適に寝られるという状況は考えにくい寒さです…。

そもそも道民は、本州では考えられないような高断熱住宅に住み、「外出時でも暖房をつけっぱなしにするのは当然!」という人までもいます。

(一度消すと、温まらないし、家が傷むこともあるそうで…)

元来、こたつや電気毛布でしのげるような寒さではないのです!

(高じて「家の中ホッカホカ」「冬こそ半袖でアイス」の暖房生活になってしまっているのは、弊害ですが!)

ただし、冬山登山などの経験があり、-10度クラスまで耐えられる寝袋など装備があって、フツーに車中泊をしているツワモノ・本気アウトドアマン、も、稀にいらっしゃいます💦

そのような方でない限り、できればFFヒーターでポカポカの車中泊を楽しみたい…と思う道民が多いと思います。

 

万が一、FFヒーターが壊れたら?

しかし、FFヒーターといえば、シンクの水中ポンプに次いでキャンピングカー装備の中では故障の多いオプションです。

(FFヒーターあり、の方だけ調べたら、おそらくダントツに故障が一番多いパーツでは・・・?)

検索すると、本当に多くの方が、故障や修理の経験をブログなどで発信しています。

私も前回の記事で書きましたが。

べバスト FFヒーター ヒューズ 修理 煙
キャンピングカーFFヒーター北海道・冬物語(その後追記)【うちはべバスト】トラブル!エラーコードは01

こんばんは、妻のブウです。 いよいよ、冬本番!北海道では日中も氷点下の真冬日が増え、車中泊するのにFFヒーターなしでは厳しい季節となりました。 しかし、FFヒーターと言えば、キャンピングカー装備の中で ...

続きを見る

 

冬場、車中泊に出かけてから、急に壊れる!ということもあるでしょう。

万が一のために、FFヒーターなしでも寝られるような準備をしておくように、と本などにも書いています。

…まあ、北海道でマイナス15度とかの夜、実際に壊れてしまったら、どこかホテルなり見つけて駆け込むのが賢明だとは思いますが。

FFヒーターなしでマイナス10度クラスを耐えるにはどのような準備が必要なのか、私も自分で1回試してみたい!と思っていました。

他の方の体験談はたくさん出ていますが、寒さの感じ方は、個人差・経験差が大きいですからね~。

 

これまでの北海道内・冬の車中泊経験は

冬、北海道、車中泊

作冬の極寒期車中泊のときの車外気温(もっと下がった)

参考までに、昨年から今年、我が家でハイエース・キャンピングカー(バンコン)を導入後、冬に車中泊した主な経験は、以下の通りです。

(昨年はインフルエンザになったりして、あまりブログかけてなかったのですが!)

<初冬>

2018/11月中旬:道央:朝の最低気温= +5度:FFヒーターOFF

2019/11月中旬:道南:朝の最低気温= -1度:FFヒーターOFF

 

<厳冬期>

2019/2月中旬:道東:朝の最低気温= -21度/ -17度(2泊連続):FFヒーターON

 

真冬日が続いた、12月初旬にチャレンジ!

12月の北海道、年によってはあまり寒くない期間もありますが、今年は12月初旬に強い寒気が入ってきて、しばらく厳冬期並みの寒さが続きました。

チャレンジした日の様子は以下の通りです。

なお、自宅で夕食・入浴のあと深夜に現地着、某道の駅を仮眠利用させていただきました。

 

防寒装備

  • マルチシェード+備品のカーテン(フリース吊り下げ等、追加はなし)
  • いつもの車中泊マット
  • 車中泊マットの上に長座布団型クッション
  • 寝袋(+6度まで対応、封筒型)→いつも寝苦しいので、チャックは足元のみ閉めた状態
  • タオルケット
  • 薄手毛布
  • 自分の着衣は長そでTシャツ+スウェットパンツ+タイツ(パジャマくらい)→いつも車中泊では暑いくらいなので、あえて薄手にしました。

・・・と、まあ、11月くらいの時期の、FFヒーターなし車中泊と同じくらいの装備にしてみました。

 

泊まった当日の天気、気温

予報では翌朝、-10度台まで冷え込みそうでした。

実際には、最低気温が -9.9℃ (一番近くのアメダス記録)となった夜→朝です。

ヒーターを消す前の気温

+13.3℃~+27℃

室内の、天井から10センチくらいのところに吊り下げて測りました。以下同様。

うちのFFヒーター、寒いと微妙な温度調節ができないので、ヒーターを消す直前は27℃とかなり暑かったです。

(常に最大出力で使ったほうがいいと、某ショップの整備士さんにも言われており…)

ヒーターをつけて10分くらいであたたまったとき

FFヒーターをつけて10分くらいであたたまったとき

FFヒーターを消す直前、つけてから40分くらい

FFヒーターを消す直前、つけてから40分くらい

 

4時半ごろ

-5.4℃

ヒーターを消して、4時間ほど。寝具から出した手が凍りそうでした。

朝方、寒くて目が覚めたとき

朝方、寒くて目が覚めたとき

 

再点火から1時間

+11.4℃

なかなか温まらず、1時間でやっと10度を超え、寝具から出られるくらいになりました。

1時間布団の中で温まるのを待った

1時間布団の中で温まるのを待った

 

出発前

+22.1℃

再点火から3時間くらい、気温MAX

再点火から3時間くらい、気温MAX

 

車外気温と最低気温

出発時の車外気温

出発時の車外気温

FFヒーター排気口にできたつらら

FFヒーター排気口にできたつらら

 

命の危険?!を感じた「マイナス5度」車内

朝方、目が覚めて、スマホを見ると4時半ごろでした。

なんと、寝具から手を出すのもつらいほど、車内が冷え切っています。

寝袋の中は、ある程度、大丈夫なのですが、ひんやり冷気が伝わってきて「外に出たらやばい!」と本能が訴えてきます

凍死する人は、このような気持ちなのか、と心細くなりました・・・。

薄着で寝たことを、すごく後悔しました・・・

ダウンかフリースを着て寝ればよかった・・・・

なんとか勇気を振り絞って寝具から這い出て、LEDランプの明かりを頼りに、吊り下げた温度計の気温を確認、撮影します。

それが、上の数値、-5.4度でした。

このまま寝続けるにしても、着替えをするなどしなければ、外気が冷たくてもう寝られそうにありません。

よし、もうここでFFヒーターをつけよう!と決心し、スイッチをひねります。

カチカチ、コンコン・・・・といつもの稼働する音が聞こえてきましたが、寒すぎて、いろいろ心細いためか、余計なことを考えてしまいます。

「エラーランプはついてないけど、果たしてちゃんとついているのだろうか。」

なんだか息苦しいような気がするけど、不完全燃焼になっているのではないか」

「頭が痛くてボーっとする気がするけど、もしかして一酸化炭素???

無駄に換気扇を開けて回してみたり。(笑)

今思えば、寒くて眠くてボーっとしていただけ!だったと思いますが。

とりあえず、FFヒーターであったまってくるまでは、なかなか寝付けず、1時間くらいは寝袋の中で起きていました。

おっ、少しあたたまったかな?という約1時間後。

温度を確認したら、やっと、+11度台に。

ほっとしたのか、気が付いたら、また少し眠りに落ちてしまいました。

6時台に目覚ましをかけており、そのタイミングで目が覚めました。

かなりあったまっている!

やっと、いつもの車中泊のような、鷹揚な気持ちが戻ってきました

片づけて、出発する前に気温を確認すると、+22度でした。

ちょうどいい温度で調整できないのがたまにキズですが、あったかいのにこしたことはありませんね。

 

まとめ

今回の経験から、マイナス10度以下になるような日のFFヒーターナシ車中泊、私には、かなり厳しい!とわかりました。

車内気温-5度くらいなら、今回程度の装備でも、凍死するようなことはないだろうとは思いますが・・・

確かに、寝具や寝るときの服装について、まだまだ工夫の余地はあると思います。

しかし!

とにかく、寝具から出るのがつらいので、全然楽しくない!💦と感じました。

あえて、同じくらい寒い環境でFFヒーターなしの修行をすることは、もうないでしょう…

また、もし当初の目標通り、FFヒータートラブル時の準備として備えるなら、マイナス気温対応の寝袋が必要そうです。

うちの夫は山用の-6度まで対応のものを持っています。(モンベルのですねー。800 #2 っていうやつ)

実際に氷点下の状況で使ったことはないそうですが、生地がのびて圧迫感はなく、寝心地はいいそうなので、チャンスがあれば購入を考えようかなぁと思っています。

同じランクのシュラフが販売サイトリンクになかったのですが、このシリーズの↓

 

(ちなみに今回の実験にオットは参加していません。物好きな私だけ。 笑)

 

バンコンは寒いのかな?

あと、我が家はハイエースバンコンで、本州(関東)ビルダーさん製です。

とくに防寒性をウリにしたモデルではありません。

道内や北国のキャンピングカービルダーさんのバンコンや、断熱素材でできたキャブコンの場合は断熱性が高いらしいので、ヒーターを切ってからも、もうしばらくは暖かいのかもしれませんね。

これまでキャンピングカーフェスなどで見てきた中では、新潟のカトーモーターさんが「雪国断熱」を前面に出していました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

追記:気温変化のグラフを作ってみました。

別記事にしました!

北海道 冬 車中泊 気温変化 グラフ
冬の車中泊、FFヒーター消火後の気温変化

こんにちは、妻のブウです。 前回、FFヒーターなしの車中泊について書きました。 あとから、気温変化のグラフを追記したのですが、もうちょっと語りたいことがあったので、別記事にしました。   C ...

続きを見る

 

冬の車中泊特集、おすすめ雑誌

デジモノステーション_201903
冬の車中泊は新定番!なのか?!デジモノステーションで特集記事が!

こんばんは、妻のブウです。 (車雑誌ではないのに)よくキャンピングカー特集をやっている「デジモノステーション」で、今度は「真冬の車中泊特集」です! 最新号の、2019年3月号です。 全体的に初心者向け ...

続きを見る

 

おすすめ記事

函館 北海道 フェリー 車中泊 津軽海峡 スイート
津軽海峡フェリー☆追加料金でスイートルーム!翌朝、青森プチ観光編【キャンピングカー東北旅・2019秋・その2】

こんにちは、妻のブウです。 前回は、フェリー旅(1)津軽海峡フェリーに乗るまで…編でした。 今回は、津軽海峡フェリーで、なぜか特等室…のスイートルームを予約してしまったので満喫した話、です。 Cont ...

続きを見る

北海道 車中泊 キャンピングカー 道の駅 札幌 周辺 ブログ
札幌での車中泊におすすめ。温泉・日帰り入浴より便利なマンガ喫茶(ネットカフェ)のシャワーを利用してみました!

こんにちは。妻のブウです。 北海道民の皆さん、札幌の飲み会で遅くなった時、市内のコインパーキングなどで車中泊をされている方、結構いるかと思います。 そんなとき、マンガ喫茶(ネットカフェ)のシャワーが使 ...

続きを見る

 

おすすめ車中泊スポット・道の駅を探す

【道央エリア】車中泊スポットと道の駅

北海道の車中泊、札幌、道央
道央エリアの道の駅・車中泊スポット

  Contents1 地図から選ぶ2 道央エリアの車中泊事情は?3 更に詳細な地域を選ぶ3.1 ニセコ・小樽(しりべし)エリア3.2 日高エリア3.3 札幌(石狩)エリア3.4 空知(そら ...

続きを見る

道央エリアでおすすめの宿・ホテルを探す

 

最近の投稿

パジェロミニ 車中泊 完成

パジェロミニでも車中泊できる!DIY不要!ベッドキット不要!【マット 100均 手作り】

我が家はこの春(2018年)、初めてハイエースバンコンタイプのキャンピングカー オーナーとなったのですが、もう一台軽自動車を持っています。 妻の私はこちらでも車中泊をするようになりました。 車種はパジ ...

コメントなし
jackery 700 レビュー

ポータブル電源 大容量の【jackery 700】を購入!60Hz固定って?!東日本でも使える…よね?【レビューその1】

こんにちは、妻のブウです。 以前から欲しかった、大容量ポータブル電源が我が家にやってきました! 「jackery」というブランドの【jackery 700】というバッテリーです。 急に購入したのには、 ...

jackery-700_02_05

大容量ポータブル電源からキャンピングカーに充電してみた【jackery 700】【レビューその2】

こんにちは、妻のブウです。 少し前に、大容量ポータブル電源が我が家にやってきた記事を書きました。 「jackery」というブランドの【jackery 700】というバッテリーです。   時間 ...

北海道全体の車中泊スポットまとめへ

北海道の車中泊、メルヘンの丘
北海道の車中泊スポット・道の駅、おすすめコース【全道・エリア別まとめ】

内地(北海道以外の本州)から北海道にいらして車中泊を楽しむ、楽しみたい!みなさん。 車中泊での旅は、「外国のよう」ともいわれる広大な北海道の景色を、存分に楽しめる最高の手段ですよ✨ この記事では、当ブ ...

続きを見る

 

車中泊ができるキャンプ場を探す!

🚙【北海道限定本】詳細なカーサイト情報はもちろん、駐車場での車中泊可否、キャンピングカー入場可否もわかる、北海道の車中泊旅に必携の一冊!温泉クーポンも♪4月10日発売!


お求めは道内書店かネットで♪




【広告】

車中泊用の中古車が欲しい!

【広告】

無料で中古車を探してくれるズバッと車販売

全国のレンタカーを比較して予約できる♪旅楽

【広告】

-車中泊ノウハウ
-, , , , ,

Copyright© 北海道キャンピングカーLife , 2020 All Rights Reserved.